酒酔い運転容疑で逮捕の男、危険運転致傷容疑で送検

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央署(資料写真)
秋田中央署(資料写真)

 酒に酔って正常な運転が困難な状態で車を運転し人身事故を起こしたとして、秋田中央署は15日、秋田市八橋本町、飲食店従業員の男(40)を自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで秋田地検に送致した。男は道交法違反(酒酔い運転)容疑で今月1日に現行犯逮捕され、その後同容疑で送検されていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 300 文字 / 残り 156 文字)

秋田の最新ニュース