新大館駅舎、令和の地域の顔に JRや市が工事の安全祈願

会員向け記事
お気に入りに登録

安全祈願祭でくわ入れをする木村支社長(左)と福原市長

 秋田県大館市のJR大館駅改築工事の安全祈願祭が15日、駅前広場の新駅舎建設用地で開かれた。新駅舎は駅前広場の西側に市施設と一体化して建設され、2023年秋にオープン予定。今後は先月始まった仮駅舎の設置工事が本格化し、来年2月ごろに仮駅舎の営業を開始した後、現駅舎の解体と新駅舎の建設に取り掛かる。

 安全祈願祭にはJR秋田支社、市、施工・設計業者の関係者や地元住民ら16人が出席。木村英明支社長と福原淳嗣市長がくわ入れした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 608 文字 / 残り 396 文字)

秋田の最新ニュース