「完全に私の状況判断ミス」 佐竹知事会見・主なやりとり

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 佐竹敬久知事は28日、由利本荘市の日本海東北自動車道で私用車を運転中に起こした単独事故を巡り、報道陣の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。

―知事は73歳で高齢者講習を受ける年齢。免許返納は考えているか。

「来年、免許書き換えのため受ける講習の成績をもって考えてみたい。ただ、昨日は自分として最大限の安全措置を取ったつもりだ」

―事故の経緯は。

「完全に私の状況判断のミス。蓄膿(ちく/のう)症があって、鼻をかもうと右手で(ズボンの右ポケットに入っていた)ティッシュを取った。はなをかんだ拍子に(ハンドルを握る)左手に力が入り、最初にフェンダーの右が(中央分離帯の)ポールに当たった。エンジン部分は何ともなかったので左側の路側帯に車を止め、降りて警察に連絡した。警察からは以後十分に注意するよう言われて、大変申し訳なく思っている」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 920 文字 / 残り 557 文字)

秋田の最新ニュース