高齢者ワクチン、7月完了可能に 五城目、八郎潟も前倒し

会員向け記事
お気に入りに登録

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種について、秋田県五城目町と八郎潟町が、政府が目標とする「7月末までの完了」が可能と見込んでいることが11日、秋田魁新報社の調べで分かった。これで県内の全市町村が、7月末までの接種完了を見込んでいることになった。

 ただ、高齢者人口の何割が接種した段階を「完了」とみなすかについて政府は基準を示しておらず、各自治体が想定する割合はばらばら。8月以降に接種することも可能で、各自治体の見込みは、「7月末」までに全ての高齢者が接種を終えることを意味してはいない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 539 文字 / 残り 290 文字)

秋田の最新ニュース