県教員志願倍率2・8倍 選考試験、過去10年で最低

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県教育庁は10日、2022年度の公立学校教諭等採用候補者選考試験の志願状況を公表した。298人の募集に対し、志願者は843人で、志願倍率は前年度比0・7ポイント減の2・8倍だった。過去10年では最も低く、倍率低下は7年連続。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 516 文字 / 残り 401 文字)

秋田の最新ニュース