ニプロ、ワクチン職場接種を申請 県内初、大館工場で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルスワクチンの職場接種を政府に申請したニプロ大館工場
新型コロナウイルスワクチンの職場接種を政府に申請したニプロ大館工場

 医療機器大手ニプロの大館工場は9日、政府が申請を受け付けている新型コロナウイルスワクチンの職場接種に申し込んだと明らかにした。従業員数は約1700人。工場内の研修室を会場に想定しており、6月末までに接種を始める方向で調整を進める。県内からの申請はニプロ大館工場が初めて。

 職場接種は、医療スタッフや会場を自前で確保し、最低千人分(1人当たり2回)程度の接種を実施することが主な条件。8日に申請受け付けが始まり、大館工場は9日に申し込んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 403 文字 / 残り 183 文字)

秋田の最新ニュース