聖火リレー・日別に県内コース、時間を紹介

お気に入りに登録

 東京五輪の聖火リレーが8日、秋田県内で始まる。9日までの2日間で県内14市町村を巡り、県民や本県ゆかりの著名人ら180人が聖火をつなぐ。

【8日】

 湯沢市
 秋田県の聖火リレーのスタート地点。14区間。午前9時40分に市役所を出発し、市駅通り商店街を経て湯沢駅前交差点から国道13号を千石町一丁目交差点まで南下。交差点を左折して県道に入って北進し、柳町商店街などを通り10時18分に前森公園に到着する。


 横手市
 午前11時13分に秋田ふるさと村第1駐車場をスタート。商業施設や市消防本部の前を通るコースで13区間をつなぎ、横手体育館向かい駐車場を目指す。ゴールは11時47分。

 由利本荘市

 ボートプラザアクアパル近くの水上で8日午後0時47分にスタート。ボート上でトーチを手にした水上ランナーが聖火の引き継ぎを受け、約150メートル下流へ移動。陸上で聖火を受け取ったランナーが河川敷の特設ステージまで走り、0時57分にゴールする予定。

 会場には観覧スペースを設けるが、入場者は2千人に制限する。混雑回避のため、同市石脇のナイスアリーナでパブリックビューイングを行い、聖火リレーを生中継する。

 美郷町
 2ルートで実施。まず午後1時48分から2時にかけ、5人のランナーが美郷総合体育館リリオス前から町宿泊交流館ワクアス前までの町道を走る。2時7分から同36分には美郷中学校グラウンドを6人で3周する。観客の入場を制限し、事前に申し込みのあった一般客500人と、小学4年~中学3年の児童生徒800人のみ、指定した観覧場所に入れる。

 大仙市
 全18区間。ランナーが大曲の中心市街地を南から北に駆け抜ける。午後2時47分に秋田トヨタ大曲店をスタート。JR大曲駅前を経由し、3時29分にゴールの大曲ヒカリオに着く。最終区間は混雑防止のため、歩道に立ち入っての観覧はできない。

 仙北市
 角館の武家屋敷通り周辺を一周する。午後4時47分に桧木内川沿いの桜並木駐車場をスタートし、県道を南下。横町を経て武家屋敷通りを北上し、国道341号を通って5時14分に出発地点に戻る。

秋田市
 14区間。午後7時すぎに市役所前をスタートする。山王十字路経由で竿燈大通りを通過し、中央通りへ入る。中央通りの途中、エリアなかいち駐車場付近の交差点で公道のリレーは終了。最終ランナーは午後7時40分、セレブレーション会場のエリアなかいちにぎわい広場を走ってゴールする。


 当初はJR秋田駅前を通るルートが予定されていたが、新型コロナウイルスの県独自の警戒レベルが秋田市で「4」となったことにより、密集を避けるため短縮した。

【9日】

 潟上市
 聖火リレー2日目の出発地点。13区間。9日午前9時に出戸浜海水浴場をスタートし県道秋田天王線を北上。天王グリーンランド内を回り9時34分にゴールの市役所に着く。


 八郎潟町
 13区間。9日午前9時50分に一日市コミュニティ防災センターをスタート。商店街を抜けてJR八郎潟駅前、町役場前を通り、10時33分にカントリーエレベーター付近でゴールする。

 大潟村
 村干拓博物館を9日午前10時46分にスタート。村役場や小中学校、こども園などがある中心部を14人のランナーがつなぎ、11時21分にホテルサンルーラル大潟にゴールする。

 能代市
 中心市街地を巡る14区間。午後1時48分に市総合体育館をスタートし、市役所前や畠町、柳町商店街などを走る。ゴールはJR能代駅で、2時23分の予定。

 大館市
 15区間。先月開庁した市役所新庁舎の前を午後4時23分にスタート。中心部を北上し、間もなく建て替えられるJR大館駅へ。アリーナ・ザギトワさんが先月訪れた市観光交流施設「秋田犬の里」の駐車場には5時4分にゴールする。


 男鹿市
 ナマハゲゆかりの地の一つである赤神神社五社堂で行い、ランナーは1人。鬼が築いたと伝わる999段の石段の一部を走る。9日午後5時半に姿見の井戸付近をスタートし、ふぞろいの石段を上りながら約100メートル進んで5時32分にゴールする。コースは公道ではなく、一般の観客は入ることができない。

 鹿角市
 2ルートで各8区間。最初のルートは午後6時52分に道の駅かづの・あんとらあを出発し、中心商店街を北上。まちなかオフィスに7時12分に到着する。

 この後は市総合運動公園の南側を走るルートで、幸稲荷神社の前を7時53分にスタート。花輪スキー場・アルパスには8時10分に到着予定。本県での2日間にわたるリレーを締めくくる。

グーグルアース&マップで県内コースを見ることができます

秋田の最新ニュース