地方点描:観光と伝統[社会部]

会員向け記事
お気に入りに登録

 暑い夏の夜、野球場でマスクを着けて揺れる光の稲穂を静かに眺める。冷たいビールや焼きそばを味わうことはできない―。2年連続の中止が決まった秋田竿燈まつりが仮に今夏開催された場合、観光客はそんな観覧方法を受け入れなければならなかっただろう。

 「屋台村、座席での飲酒や飲食に強い制約をかけた場合、観光客にとって満足度の高い運営は難しい」。新型コロナウイルスの影響でまつりの中止が正式に決まった先月29日の実行委員会総会で、事務局の秋田市の職員が観光面での問題を懸念材料の一つに挙げた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 666 文字 / 残り 426 文字)

秋田の最新ニュース