秋田市外旭川開発構想 9月末までに公募開始

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市外旭川地区の開発構想について、穂積志市長は31日、民間事業者からのアイデア公募を9月末までに始める考えを明らかにした。現在地周辺での建て替えを検討している市卸売市場の再整備に合わせ、民間のノウハウを生かしたまちづくりの方向性を本年度内に決める方針。

 穂積市長は今春の市長選で外旭川地区の開発構想を公約に掲げ、人工知能(AI)などの先端技術を活用したプランを民間から募る考えを表明。開発に合わせ、サッカーJ2・ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の新スタジアムも外旭川地区に整備したい意向を示していた。市は6月市議会で卸売市場の再整備に関する基本方針を示す予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 523 文字 / 残り 242 文字)

秋田の最新ニュース