「誤った情報、人生変える」 感染経験者が語る中傷の恐ろしさ

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県内では4~5月、新型コロナウイルスの感染発表が続いた。これまでに感染を経験した人や、クラスター(感染者集団)が発生した団体の関係者は「どれだけ対策していても感染することはある。感染した人を責めるのではなく、一人一人が気を付けるしかない」と訴える。

 大仙市で整骨院を営む男性(57)は4月2日、大仙保健所から濃厚接触者として連絡を受けた。通院していた患者の感染が分かったためで、男性を含むスタッフ全員がPCR検査を受けた。結果は陰性だったが「念のため」として約2週間の休業を決めた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1642 文字 / 残り 1398 文字)

秋田の最新ニュース