地方点描:製菓の力[南秋田支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 潟上市飯田川でフルーツタルトを提供する飲食店「パティスリーパルテール」が開業10周年を迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大で客足の減少などの影響を受ける中、県産品を使った新商品を打ち出すなどして地域での存在感を増している。地場の食材の付加価値を高める上で、同店は大きな役割を果たしている。

 バナナやイチゴ、ブルーベリーなどの素材の味を生かしたタルトが看板商品。使う果物は、可能な限り県産品を取り入れている。潟上市のリンゴやモモ、三種町のメロン、五城目町のキイチゴ、湯沢市のサクランボなど、これまでに少なくとも15種以上の県産品を扱ってきた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 640 文字 / 残り 369 文字)

秋田の最新ニュース