「藤の郷」2年ぶりに開園 大館市山田、臨時駐車場も用意

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大館市山田にあるフジの庭園「十ノ瀬 藤の郷(さと)」が19日、2年ぶりに開園した。観光スポットとしての知名度の高まりを受け、今年は臨時駐車場を備えた。土、日曜は自家用車での来園を禁止し、無料シャトルバスを運行する。

三分咲きのフジと津島さん


 庭園は地元の津島嘉弘さん(58)が県道沿いの田んぼの中に所有する。19日は三分咲きの状態で、満開は23日ごろの見込み。

 市内の有志が受け入れ態勢を整えるため、50台分程度の臨時駐車場を整備。簡易トイレも設けた。土日のシャトルバスは定員50人。たしろ温泉ユップラと藤の郷を1日8往復する。

 園内に入れるのは30日まで。問い合わせは、運営サポートを行う「いしころ」TEL0186・59・6777

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 469 文字 / 残り 162 文字)

イベントニュース