星空列車、今年も乗って 秋田内陸線、11月末まで運行

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新たに売り出された星空がモチーフのチョコレートクッキー
新たに売り出された星空がモチーフのチョコレートクッキー

 秋田内陸線が、沿線の星空を楽しむ「星空列車」を運行している。主要3駅で天体観測に必要な道具を貸し出し、降り立った駅などで星空を楽しんでもらうものだ。星空観賞にちなんだオリジナル商品も販売している。運行は11月末まで。

 鷹巣、阿仁合、角館の3駅で双眼鏡や星座早見盤などの貸し出しを受け、途中下車した無人駅などで星空を観賞するもの。午後6時以降の定期列車には星空列車のパネルを付けて運行し、PRする。

 また運行に合わせてお菓子やコーヒー、寒い時に使えるブランケットなど星空観賞のお供になる8種の商品を阿仁合駅と内陸線のオンラインショップで販売している。商品のラインアップは、星の模様や星くずをモチーフにしたチョコレートクッキー、星空観賞で冷えた体を温める入浴剤など。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 624 文字 / 残り 292 文字)

イベントニュース