滴:ハリー鈴木のラストソング、作曲の約束果たした

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ハリー鈴木こと故鈴木初男さん(2012年3月、佐藤仁さん撮影)
ハリー鈴木こと故鈴木初男さん(2012年3月、佐藤仁さん撮影)

 葉タバコ農家兼ミュージシャンで、昨年2月に67歳で亡くなった鈴木初男さん=男鹿市野石=が作曲した楽譜と、その曲を演奏したCDが今春、作詞者の元に届いた。小包には「本人がいつも使っていたかばんに入っていました。もっと早く気づけばよかったのですが…。気に入った作品になっているでしょうか」と妻久子さん(66)の手紙が添えられていた。

 話はおととし1月にさかのぼる。松橋隆航(りゅうこう)さん(75)=五城目町内川=は、以前から温めていた自作の詞に曲を付けてもらいたいと思い立ち、つてを頼って鈴木さんに作曲を依頼した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース