かれんな高山植物に心和む 大仙で展示会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 かれんな姿に癒やされて―。大仙市土川の山野草愛好家・小松道夫さん(84)が栽培する希少なシラネアオイや高山植物の展示が3日、大仙市の県立農業科学館で始まった。約40点の花々が訪れた人を和ませている。4日まで。

 注目は約10点あるシラネアオイ。白い花弁で中心部が淡い紫色の「日の丸」や、花弁が濃い紫色の品種が珍しいという。このほか準絶滅危惧種のトガクシショウマや、白い花のサンカヨウ、チングルマといった高山植物も並ぶ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 303 文字 / 残り 94 文字)

秋田の最新ニュース