ハピネッツ今季初の黒星先行 「最後まで必死に勝ちにいく」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―宇都宮】第4クオーター、シュートブロックを決める秋田のデイビス(奥上)=CNAアリーナ
【秋田―宇都宮】第4クオーター、シュートブロックを決める秋田のデイビス(奥上)=CNAアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は1日、各地で9試合を行った。第36節第1日、東地区7位の秋田ノーザンハピネッツは、秋田市のCNAアリーナで同地区で優勝を決めている宇都宮と対戦し、69―86で完敗して4連敗。

 前半は激しい攻防が繰り広げられ、「悪くない時間帯もあった」と秋田の前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)。第2クオーター立ち上がり、好調なガード大浦颯太が3Pを沈めるなどして、一時リードする場面もあった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 607 文字 / 残り 400 文字)

秋田の最新ニュース