水俣病65年、犠牲者に祈り 参列者「解決まだ」と救済訴え

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
乙女塚で営まれた「水俣病互助会」による慰霊祭=1日午後、熊本県水俣市(代表撮影)
乙女塚で営まれた「水俣病互助会」による慰霊祭=1日午後、熊本県水俣市(代表撮影)

 四大公害病の一つ水俣病が1日、公式確認から65年を迎えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、熊本県水俣市などが主催する犠牲者慰霊式は昨年に続き中止。患者団体「水俣病互助会」による慰霊祭があり、犠牲者へ祈りをささげた。参列者は「水俣病は解決していない」と訴えた。

 慰霊祭は、犠牲者の遺品を納めた水俣市内の「乙女塚」であり、約40人が焼香し、手を合わせた。胎児性患者の坂本しのぶさん(64)は参列後、取材に「チッソが憎い。周りの人を早く水俣病と認めてほしい」と話した。

 熊本、鹿児島両県などによると、3月末時点の認定患者は熊本県1790人、鹿児島県493人。