SL人吉、新ルートで出発 熊本―鳥栖間、被災地応援

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR熊本駅を出発する人気の観光列車「SL人吉」=1日午前
JR熊本駅を出発する人気の観光列車「SL人吉」=1日午前

 JR九州は1日、昨年7月の豪雨で被災した地域の応援企画として、蒸気機関車(SL)列車「SL人吉」の運行を、熊本―鳥栖(佐賀県)間で始めた。SLは力強く蒸気を吐いて熊本駅を出発し、見物客らが手旗を振って見送った。

 SL人吉は本来、熊本県内の人吉―熊本間を走る人気の観光列車だが、乗り入れている肥薩線が豪雨で被災し、運休していた。

 6月までは週末や祝日、福岡県内を経由する熊本―鳥栖間を1日1往復し、車内では被災地の特産、球磨焼酎やアユの甘露煮などを販売する。