西~北日本で突風や雨に注意 2日にかけ大気不安定、気象庁

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
気象庁
気象庁

 気象庁は1日、西日本から北日本で2日にかけて大気の状態が非常に不安定になるとして、雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨、ひょうに注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、東シナ海には前線を伴った低気圧があって、1日夜にかけて日本海を北東に進む見込み。

 また、2日にかけて西日本から北日本の上空約5500メートルには、この時期としては強い氷点下24度以下の寒気が流入。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むことに加え、上空の寒気の影響で、2日にかけて西日本から北日本では、大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。