明桜出・山口がプロ初本塁打 「めちゃくちゃ気持ちいい」

会員向け記事
お気に入りに登録

 ロッテの山口がプロ初本塁打を放った。0―1の四回1死一塁で高橋の142キロの外角球を逆方向へ押し込んだ打球は、逆風をものともせず右翼ポール際に飛び込んだ。神主打法のような構えが特徴的な20歳の大砲候補。「結果が出ていなかったのでうれしい。めちゃくちゃ気持ちいいです」とはにかんだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 393 文字 / 残り 252 文字)

秋田の最新ニュース