雄物川などの大河川、6時間先の水位予測 国交省が情報提供

会員向け記事
お気に入りに登録

 国土交通省は、国が管理する大規模な河川を対象に、今年の梅雨期から6時間先の水位予測情報を提供する。従来は3時間先だったが、氾濫の恐れを早期に察知できるようにし、住民の迅速な避難につなげる。予測技術の開発をさらに進め、将来は数日先の情報も提供する方針だ。

 6時間先の予測を発表するのは、流域面積が広いなど重大な損害の恐れがあり、国が情報を発表している298の洪水予報河川。秋田県関係では雄物川や米代川、子吉川などが対象。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 518 文字 / 残り 308 文字)

秋田の最新ニュース