東日本大震災10年(6)宮城・亘理町でラジオ局開局の苫米地圭さん 電波がつなぐ地域の声

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 先月13日、福島県沖で発生した地震は東日本大震災を思い起こす揺れだった。宮城県亘理町は震度6弱を観測。町内は一部地域で停電が生じ、民家にはドアが閉まらなくなる被害も出た。

コミュニティー放送局「FMあおぞら」を開局した苫米地さん。地域の声を伝え続けている=2021年2月12日、宮城県亘理町

 地元のコミュニティー放送局「FMあおぞら」の苫米地圭さん(60)=旧姓吉田、秋田市出身=は、先月18日の担当番組でリスナーに語り掛けた。「被害が多く、業者の手が回らないようです。暖房もなく、この寒さはこたえたのではないでしょうか。また揺れがあるかもしれません。気力と体力を蓄えましょう」。住民に寄り添う気持ちは10年前のあの時から変わらない。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース