ボート、西村と古田が五輪予選へ クルー決定レース最終日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
勝利した古田(右)、宮浦組=戸田漕艇場
勝利した古田(右)、宮浦組=戸田漕艇場

 ボートの東京五輪出場権獲得を目指す日本代表候補による軽量級ダブルスカルのクルー決定レース最終日は5日、埼玉県戸田市の戸田漕艇場で行われ、男子は3、4日の結果も含めた3レースの平均タイムで上位となった西村光生(アイリスオーヤマ)と古田直輝(NTT東日本)が、五輪出場権が懸かる5月のアジア・オセアニア予選に出場することが決まった。

 3日のレースで2月のシングルスカル評価レース上位だった宮浦真之(NTT東日本)武田匡弘(関西電力)組が下位の西村、古田組に敗れたため、ペアの組み合わせを変えて3日間実施した。最終日は古田、宮浦組が武田、西村組に勝った。