勝負の冬(6)サッカー・明桜 サイド攻撃武器に1勝狙う【動画】

有料会員向け記事

[サッカー・明桜 27年ぶり4度目]


 校名が明桜になって初の全国選手権出場となる。経法大付時代に3度出場して成し遂げられなかった1勝をまずは果たし、勢いに乗りたい。

 目指すのは攻守で主導権を握るスタイル。ボールを保持してリズムをつくり、中盤のMF内藤蒼空(2年)を起点に攻撃のスイッチが入る。

全国選手権に向けて練習に熱が入る明桜イレブン=明桜高グラウンド


 県大会ではスピード自慢のサイドの選手を中心にゴールを量産。スピード、突破力など選手個々の強みを生かして得点につなげる。守備でも県大会全4試合で無失点。積極的にボール奪取を狙う。

 DF鎌田太耀主将(3年)は「武器であるサイド攻撃をよりレベルの高い、全国に通用するものにしたい」と強化ポイントを挙げた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース