阿部雅龍:白装束で瀬戸内を駆ける~延期になった南極冒険~

有料会員向け記事
お気に入りに登録

阿部雅龍コラム 冒険と人力車の日々(28)

10月下旬。瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島(広島・愛媛県)で最大の橋である来島海峡大橋。海の碧(あお)を映したような雲ひとつない空。海上であるにも関わらず、乾いた風が橋を駆け抜ける。実に瀬戸内海らしい。

真っ白な来島海峡大橋を、白装束の男が真っ白なリアカーを引いて駆け抜ける。目的地は岡山駅。リアカーにつけたノボリがたなびく。気分は鬼征伐に行く吉備津彦(きびつひこ=桃太郎のモチーフとされる古代の皇族)だ。今回は2週間の旅。トレーニングを兼ねて、高松からしまなみ海道経由で岡山までリアカーを引く。南極でソリを引いて歩く代わりに。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1643 文字 / 残り 1362 文字)

阿部雅龍さんの連載コラムです

秋田の最新ニュース