時代を語る・中村征夫(28)海中から船首に迫る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
海中から撮影したナホトカの船首(撮影・中村征夫)
海中から撮影したナホトカの船首(撮影・中村征夫)

 ロシア船籍タンカー「ナホトカ」の重油流出事故で船首部分と重油が漂着した福井県三国町(現坂井市)にボランティアとして駆け付けた際、町役場に行ったんです。泊まる宿を紹介してもらおうと思ってね。

 そしたら見知らぬ男性に「あれっ、中村さんじゃないですか?」と声を掛けられた。地元の宿泊施設の主人だったようで、事情を説明したら「どうぞ、うちの宿に泊まってください」と言ってくれて、長男と2人でお世話になった。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース