阿部雅龍:爆弾低気圧の宗谷岬にて

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本最北端の地・宗谷岬に立つ筆者(令和2年元旦)
日本最北端の地・宗谷岬に立つ筆者(令和2年元旦)

阿部雅龍コラム 冒険と人力車の日々(27)

 令和2年元旦。日本最北端の地・宗谷岬に僕は立っていた。爆弾低気圧で天気は大荒れだ。気温マイナス10度。風速20メートルの風が吹き、体感気温はマイナス30度。ちょっとした南極みたいな感じで心地良い。

 札幌から400キロの行程を、ソリを引きながら歩いて宗谷岬に到達し、日本最北端の初日の出に南極の誓いを伝える。そのためにここに来た。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 2353 文字 / 残り 2167 文字)

秋田の最新ニュース