輝くライバル(中)最後の夏 約束果たし決勝戦へ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
今夏の秋田大会で気迫の投球を見せる吉田(左)と、準決勝の能代松陽戦で左翼席に本塁打を放つ山口(右)
今夏の秋田大会で気迫の投球を見せる吉田(左)と、準決勝の能代松陽戦で左翼席に本塁打を放つ山口(右)

 「歴史ある秋田大会で、その一ページに名を残し、平成最後の夏の大会を盛り上げる」。第100回全国高校野球選手権記念秋田大会は、明桜の山口航輝主将(3年)の力強い選手宣誓で幕を開けた。

 今夏は金足農の剛腕吉田輝星(こうせい、3年)、強打者の山口をはじめ、春の選抜大会に出場した由利工のエース佐藤亜蓮(3年)など、注目選手が多かった。その中でも吉田と山口の存在感は際立っていた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

記者マッキー、吉田投手とキャッチボールしました

秋田の最新ニュース